営業プロ人材育成教育研修と認定試験日本セールスレップ協会

「つくる」から「売れる」へ
~日本型セールスレップが変える企業の販路開拓~

書名 「つくる」から「売れる」へ
著者 小塩 稲之(日本セールスレップ協会会長)
税込価格 1,540円(本体1,400円+税)
発行年月 2009年1月10日
単行本 238ページ

目次

第1章 「日本型セールスレップで販路開拓」 その成功の要件
第2章 セールスレップを活用して販路開拓
第3章 戦略としての販路見直し
第4章 製品評価と市場調査
第5章 国・自治体のセールスレップの取組み
第6章 マネジメントマーケティングの時代
第7章 セールスレップマーケットの現状
第8章 日本型セールスレップ育成事業

マネジメントマーケティング戦略における「理論」と「実践」の双方から、販路開拓における工業、商業、ITなど、メーカー企業の経営革新、商品開発、販売戦略、販促戦略の解決策をとらえ、 具体的な戦略立案の手順を解説。最近の販路開拓の課題や企業における事例も織り込む。「いいものをつくったはずなのに、売れない」 「なぜ売れないのか、わからない」 今、ものづくり経営者の悩みは、「つくれば売れる」から、市場の視点を持って「売れるものづくり」へ。経営者、行政、公的支援機関、これからセールスレップや販路コーディネータ、マネジメントマーケティング・コーディネーターなどのコンサルタント志望者の必読の一冊。

著者

小塩 稲之(コシオ イネユキ)
1952年生まれ。国内大手の流通グループのグループ企画・広報・宣伝統括担当責任者、第3セクターテレビ局eメディア事業部長、eラーニング推進協会理事長、経済産業省セールスレップ普及検討委員会委員、などを経て、現在、一般社団法人日本販路コーディネータ協会」理事長、経済産業省認可「セールスレップ・販路コーディネータ協同組合」会長、セールスレップ・販路コーディネータ・マネジメントマーケティング コーディネーターなどの資格認定団体「日本販路コーディネータ協会」理事長。埼玉県浦和高等学園理事、社会科教諭、公的機関助成金評価委員、商工会議所、商工会登録シニアアドバイザーなどを勤めている。

メディアづくり(メッツ出版部)、店舗運営マニュアル(TKK刊)、店舗創業マニュアル(TKK刊)、全国セールスレップ商材扱い基準(JSRセールスレップ協同組合刊)などの著書の他、新たなメディア社会に向けて(インタークロス研究所刊)、企業の文化活動(総合ユニコム刊)などの連載コラム多数。

協力(五十音順)

石川 哲次郎 / 大山 充 / 大野 成実 / 大平 孝/北 賢治 /河野 浩 / 佐々木 義夫 /鈴木 和正 /住吉 孝雄 /豊田 賢治 /比嘉 正実 /吉村 徳則/本松 仁

協会案内

日本セールスレップ協会 一般社団法人日本販路コーディネータ協会内
アクセス
お問い合わせフォーム