営業プロ人材育成教育研修と認定試験・日本セールスレップ協会:東京都北区赤羽西4-4-2
メールマガジン新規登録・バックナンバー

TOP
サイトガイド
新着情報
セールスレップ資格
資格登録者の方へ
全日程カレンダー
メーカーの方へ
製品登録ガイド
セールスレップマッチングとは
製品登録FAQ
製品登録申込フォーム
セールスレップシステム導入事例

製品プロトタイプ市場調査ガイド
セールスレップご依頼企業さま製品登録ガイド

販路開拓のご依頼について
 日本セールスレップ協会ではセールスレップ・販路コーディネータ協同組合と連携し、ご依頼企業さまの製品登録を受付けております。ただいま、セールスレップを活用して販路開拓をと、お考えのメーカー企業さまを募集いたしております。

 セールスレップは近年、メーカー企業と販売ルート先を結ぶ橋渡し役として 注目される職業となってきています。特に、中小企業やベンチャー企業には優秀な営業マンを育てられない、販売ルート先を開拓できるノウハウがないなどの理由で、優良な商材・商品が埋もれていることが多く、この「セールスレップ」が注目されています。また、販売員を社員として雇用、教育するだけの余裕をもたない中小・ベンチャー企業さまでは、「セールスレップ」は、販売機会拡大のコーディネータ−役として期待されています。販売業務を代行させていただき、営業マンの固定費を変動費に変えることが出来るのが、セールスレップシステムです。

例えば、こんなニーズをお持ちの企業の方にお勧めです
「商品力はあるのに、販売力が弱いので売上が伸びない」
 競合商品に対して、性能や品質では上なのに営業マンが不足し、 売上を伸ばせない中堅・中小メーカー企業さまは少なくありません。 セールスレップシステムは、売上実績による報酬で販売代行を行わせていただきます。

「OEMでやってきたが、自社ブランドで市場に参入したい」
 大手メーカーの製品をOEM提供している企業さまが、事業拡大のために自社ブランドでの市場参入を図ることは少なくありません。セールスレップシステムが有効となるケースです。

「新商品開発に成功したが、これまでの販路とは違う」
 
自社の技術シーズを活かし、これまでの商品ラインと違った新商品を開発したために、 販売チャネルがない場合が少なくありません。新規販路開拓のセールスレップシステムが有効となるケースです。

「製品プロトタイプ(試作品)段階で、市場の声を聞きたい」
 製品を量産し販売をした後で、販売先にとっての様々な問題が明らかになるケースが少なくありません。セールスレップシステムにより、製品プロトタイプ(試作品)の段階で、改良改善に必要なマーケッティングが実施できます。
 製品プロトタイプ市場調査については、こちら

お申込みについて

 
●セールスレップ・販路コーディネータ協同組合賛助会員としての加入 (メーカーの皆様へ)  
 日本セールスレップ協会ではセールスレップ・販路コーディネータ協同組合と連携しご依頼企業さまの製品登録を受付けております。セールスレップ・販路コーディネータ協同組合では自社の商材について販路拡大や改良へのアドバイ ス、コンサルティングを希望するメーカーの皆様に対して、賛助会員を募集しております。
 セールスレップ・販路コーディネータ協同組合の活動に賛同して頂ける企業、団体はメールや電話での確認後、セールスレップ・販路コーディネータ協同組合の事務所に来ていただき理事・事務局長と懇談を行います。賛助会員になりますと組合員として活動しているセールスレップや販路コーディネータ・ビジネスマネジメントアドバイザーにご紹介させていただきます。

■支援企業会員
協同組合に継続的な支援(販路開拓、商品開発・農商工観光連携、まちづくり等) マッチングを要望する会員です。
入会時、組合員との業務委託契約を交わし、それに基づいて各種支援を行ないます。
入会金:5万円 年会費(一口):5万円

■パートナー賛助会員
公的支援機関や金融機関、支援団体、連携事業者のパートナー賛助会員です。
協同組合へ各種支援(販路開拓・商品開発・農商工観光連携、まちづくり等)、会員主催のイベント開催など)の要請ができます。
入会金:5万円 年会費(一口):5万円

入会申込に際しましてはお打合せが必要となります。

下記フォームに記入し、「確認」をクリックして送信下さい。 
 お申し込みフォームはこちら


関連ページ
ご質問FAQ
販路開拓サポート事業について