営業プロ人材育成教育研修と認定試験・日本セールスレップ協会
メールマガジン新規登録・バックナンバー

TOP
サイトガイド
新着情報
セールスレップ資格
資格登録者の方へ
全日程カレンダー
セールスレップ資格認定
セールスレップとは
セールスレップ資格認定制度
セールスレップ資格の活用
セールスレップFAQ


セールスレップ3級認定試験
セールスレップ2級認定試験
セールスレップ1級認定試験


セールスレップ3級認定研修
セールスレップ2級認定研修
セールスレップ1級認定研修

講習会・相談会・研修会
製品説明/相談会
特別セミナー
eラーニングセミナー


専門家資格講習会

平成19年度専修学校教育重点支援プラン

「学校教育プログラム開発委員・社会人基礎力研修プログラム委員会」報告から

日本セールスレップ協会
専修学校教育重点支援プラン
 教育プログラム開発委員
社会人基礎力研修プログラム委員会

 日本セールスレップ協会では、本年度も各地の都道府県の行政様・支援機関様、学校教育機関様主催の(主催、共催、委託、委嘱、照会、連携事業等)各種教育事業、セミナー講演などのご依頼を全国各地にて受付させていただいております。 (お問合せ: info@jrep.jp )  
 学校、公的職業訓練校、ハローワークなどのその取組み、及び最近実施された主な教育活動をご紹介させていただきます。

実績を積み上げた「学校教育重点プログラム」と「
社会人基礎力」
 
日本セールスレップ協会(JSRA)は、平成19年度「文部科学省専修学校教育重点支援プラン」(日本セールスレップ協会・学校法人秋葉学園連携事業)において、「日本型セールスレップを育成する専門学校用教育プログラムの開発」に取組んだ。
 そのなかで実務経験がない学生にとっては、ビジネス対応の場面での状況を具体的にイメージすることができず、理解するのが難しいということに配慮する必要があることが極めて重要であるとの認識に立ち、プログラム開発を進めた。
 
 そのため、本プログラムでは諸問題を解決するために重要と考えられるテーマに対しては、企業活動の事例に基づいた実践に裏付けられた演習を付加する構成を重点に行っている。そうすることでさまざまな課題、解決策のあり方を通して実際の活動現場の状況や考え方を具体的に把握することができ、より現実感をもった効果的な学習が可能になると考える。 
 
 以上の観点から、このカリキュラムをさらに深耕化するための委員会を実施し、作業をさらに推し進めた。

 これにより、コアとなる教材としてさまざまな事例に基づいた
「基礎学力」、「社会人基礎力」、「専門知識」について、基礎的プログラム、実践的演習集大企業、中小企業における商品・サービスの視点から、マネジメントを見据え、そのビジネスプランの構築方法と、問題解決、実践、製品開発、営業開発、販売促進などを習得できることに配慮したプログラムを開発した。

 このプログラム開発では、さらに協会内に経済産業省が提案する
社会人基礎力研修プログラム委員会」を設置し、「基礎学力」、「社会人基礎力」、「専門知識」について、成長過程によるウエイト付けを配慮したものとなっている。 
 これにより、学校教育用プログラム:総時間250時間をエッセンス化した大学向けの「3日間の短期研修」と、実践研修をともなった「7日間の短期実践演習」もあわせてプログラム化し提供している。


日本セールスレップ協会では、学校教育での資格導入サポートの一環として、当協会と提携していただいた提携学校について、以下の特例措置を設けております。

(1)提携校の設置
 研修のみご希望の提携校での研修試験開催のご対応として、受験者数20名様以上から、個別の試験開催にご対応いたします。提携学校様の年間スケジュールや研修生の就職活動のタイミングなどにあわせて、個別に研修、試験を校内で実施することができます。

(2)合格証の発行
連携校では、合格証の発行のみ、もしくは資格認定登録のどちらでも受け付けています。
試験実施後、登録が必要無い場合は、合格証を発行させていただくことも可能です。
合格証発行のみの場合は、貴校の研修生が、就職された後、自分の意思でセールスレップの認定登録を希望した場合への対応として、合格登録日から3年間は認定登録の権利を有するものとします。その際は、資格認定登録料10,800円(登録時のみ)と年間登録料12,960円のお支払いにより、認定登録されます。
 通常のセールスレップ資格認定制度では、試験合格通知より2ヶ月以内に資格の認定登録手続きが必要です。


 提携学校様の在学生様が、セールスレップ3級試験に合格した場合、”合格証”を発行いたします。
 通常のセールスレップ資格認定制度では、資格が登録制度となっており、試験合格後に資格認定登録料10,800円と年間登録料12,960円のお支払いと資格登録申請書のご提出により、資格登録がなされ”認定証”を発行しております。資格は年間登録の継続により、認定が継続される制度となっています。
 提携学校様の在学生様に限り、就職活動に利用いただける”合格証”を発行します。
※提携学校様の年間提携料:無料

(3)3年間の認定登録権の付与
 提携学校様の在学生様が、就職された後、自分の意思でセールスレップの認定登録を希望した場合への対応として、合格登録日から3年間は認定登録の権利を有するものとします。その際は、資格認定登録料10,800円(登録時のみ)と年間登録料12,960円のお支払いと資格登録申請書のご提出により、認定登録されます。
 通常のセールスレップ資格認定制度では、試験合格通知より2ヶ月以内に資格の認定登録手続きが必要です。


(4)ご質問、申請について
 
ご質問から

平成20年度に専門学校と作成した教育カリキュラムの一例です。
「日本型セールスレップを育成する専門学校用教育プログラムの開発」(一部)

カリキュラム

教科群

教科名

教育内容概要

 

流通視察研修

百貨店、スーパー、専門店、コンビニ、ホームセンター、商店街の違い、その役割と機能を学ぶ。

ビジネス導入教科

生産視察研修

工場見学により生産工程を視察(任意の企業に依頼)。

 

店頭マーケティング

導入教育として購買心理から店頭マーケティングを学ぶ。

 

演習(1)

メーカー視点のカタログの制作、流通視点のチラシ制作(前期)。

演習・制作

演習(2)

メーカー視点の新聞広告制作、マスコミ媒体の活用(前期)。

ケーススタデイワーク教科

演習(3)

身近なPOP作成(ディスプレイ)から、販売促進を学ぶ(前期)。

 

演習(4)

メーカーの広報新製品発表を事例にパブリシティ原稿作成(前期)。

 

演習(5)

パッケージ製作から製品のブランド、品質、機能などを学ぶ(前期)。

 

ミニケーススタデイ10

事例を中心としたマーケティング基礎知識(後期)。

 

グループワーキング

事例を中心としたグループワーキングとプランの作成(後期)。

 

セールスレップシステムの基礎

セールスレップ・販路コーディネータの基本的役割と機能。

 

流通業態

導入教育として流通業態の違いを学ぶ。

 

流通基礎

流通システムについて、メーカーから消費者に商品が渡るまでの商品の流れや販売活動などその仕組みについて学ぶ。

 

生産基礎

製品コンセプトとは何か、どのような機能、何に役立つかなどを描かせる類似商品とその違いを学ぶ。

 

マーケティング用語の基礎

4P、4C,3C、5W1H,周辺情報商等の基礎知識。

 

マーケティングの基礎知識

事例を中心にしたマーケティング基礎知識。

 

広告と広報

プロモーション、パブリシティなどの基礎を学ぶ。

 

販売活動の基本知識

セールスレップの目標や社会的意義について理解させると同時に、実践に即した提案・営業による事例を解説する。

 

企業戦略

SWOT 分析、販売チャネルの戦略知識を学ぶ。

 

価格設定

商業系、工業系商品などの価格設定を学ぶ。

ビジネス基礎教科

営業・販売管理の基礎

売価(原価)設定と利益率について学習。

 

インベントリー・システム

事例を中心に人脈作り(友人つくり)のためのインベントリー・システムの基礎知識。事例を交える。

 

コミュニケーション

ビジネスコミュニケーションの基礎知識。

 

プレゼンテーション

自己主張と傾聴のバランスをとり自己表現能力・コミュニケーション能力を高める。

 

販売の基礎

事例を中心としたマーケティング実践知識。

 

製品論

商品サイクル・ブランド戦略・市場差別化・販売チャネルなど。

 

製品開発論

ベネフィットは何か、メーカー価格戦略などを学ぶ。

 

地域ブランド商品

文化と歴史、観光資源などを背景にした地域ブランドについて学ぶ。

 

セールスレップの発展史

わが国セールスレップのこれまでの発展史。

 

卒業制作

新規開発製品プランの作成及びカタログ制作。

 

学期末試験対策

セールスレップ3級・検定試験対策/演習。

集中講義

学期末試験対策

セールスレップ3級・検定学期末試験対策/テキスト。

 

期末後期対策

セールスレップ3級・検定本試験対策/テキスト。

 

期末後期対策

セールスレップ3級・模擬試験。


ご相談は、本部事務局までお問い合わせください。
 (お問い合わせ先) 
  日本セールスレップ協会本部 
  東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階
  メール office@jrep.jp
  TEL 03-5948−6581(代表)


学校教育用プログラム
 
企業が求めているマネジメントやマーケティングにおける戦略的能力の開発は、現在の大学や経営大学院のカリキュラムでは必ずしも成果が上がっていない。
 「MBAも企業内で十分活用されていない」、企業では「MBAは活用できない」という問題点もしばしば指摘されている。また人材の戦力化の基礎となる社会人基礎力が不足しているという課題がある。
 その理由としてあげられるのは、既存のビジネス・モデルは、現在、驚くべき速度で陳腐化しており、今まさに新たな企業価値が求められているからである。その新たな価値とは、独創性、想像力、多様性、スピード、開放性、持続的な方向転換能力などである。
 
 企業がこれからほしいタイプの人材像は以下の通りである(企業経営者回答)。
                            (参考:経済産業省「社会人基礎力」調査資料から)

・創造力、新しい発想・アイデア、独創性、価値創造状況対応能力
・実業変革・再構築力
・実行力、行動力、業務遂行能力 
・自立的行動、自己責任能力
・チャレンジ精神、失敗を恐れない
・課題設定力、問題発見能力
・前向きさ、積極性、やる気
・戦略思考
・高度な専門性
・リーダーシップ
・起業家・事業家的マインド
・経営者感覚
・営業力
・(社外でもその分野で適用する)仕事のプロフェッショナル
 
 こうした能力は若者が様々な人々との接触の中でものごとに取り組んでいく上で必要となるだけでなく、人が40歳代、50歳代となっても、それぞれの年齢や仕事の内容に応じて必要となる能力である。今日、職場や教育を巡る環境が変化する中、こうした能力に明確な定義を与え、意識的な育成の対象としてとらえることは大きな意味があると考えられる。社会全体として見ても、人口減少社会を迎える中、一人ひとりの能力を、職場や地域社会での活躍を視野に入れて、着実に高めていくことが重要となっている。
 
また社会人基礎力は「大学時代に付け焼き刃的に学ぶだけでは身につかない」という指摘がある。小・中、高等学校の段階から学校で教えなければ身に付かない能力も多く、今の日本にはそれを教える能力のある人がいないことや、教える場所もないのが問題となっている。

 
本プログラムでは、
協会がこれまで各地の都道府県の行政・支援機関様、学校教育機関様主催で(主催、共催、委託、委嘱、照会、連携事業等)おこなってきた各種教育支援活動を基盤としている。
 また、本プログラムでは「創造力、新しい発想・アイデア、独創性、価値創造状況対応能力」「課題設定力、問題発見能力」など戦略思考における実践的チームワークにおけるプログラムを重視している。そのための対応策として「実践的演習」のカリキュラムを用意している。
 「実践的演習」においては、ロールプレイによる参加型の演習やグループ学習なども効果的に取り入れるように工夫し、それらに必要となるコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルなどのスキルアップにもつながるように、より一層の学習効果が得られるカリキュラムを提供している。

「社会人基礎力を採用することによって、企業競争力が高まる」
  JSRAでは、社会人基礎力を採用することによって、企業競争力が高まるという指摘を重要視している。
 経済産業省でも、「基礎学力」、「社会人基礎力」、「専門知識」について、この3つの枠組みを維持しながら、それぞれ企業個々のオリジナルの表現で「社会人基礎力」を発信していくことが重要としている。 
 米国では、個人が自分のやりたい仕事に応じて自由に企業を移動するというスタイルが定着している。わが国の「社会人基礎力」も就職や採用という観点からのみ「社会人基礎力」が必要ということではなく、次世代のビジネスリーダーになりうる人材の育成と社会的責任を果たしていくためにその能力が必要となってきている。 
 その意味で、JSRAの開発した創造力、新しい発想・アイデア、独創性、価値創造状況対応能力に対応したプログラムは、学生が社会に出て活躍するためにどのような能力を身につけるべきかが明確化するため、その後、通常の学科カリキュラムに戻って必要な能力を伸ばしていくことができるように開発されたものである。

 本プログラムは、社会教育の一端として(学生たちに)社会の仕組みを習得していただくことを中心としたカリキュラムである。具体的には大企業、中小企業における商品・サービスの視点から、マネジメントを見据え、そのビジネスプランの構築方法、問題解決、実践、製品開発、営業開発、販売促進などを習得できるような工夫により、学生全般を想定している。
 本プログラムの構成も、「マネジメント」「ものつくり」「マーケティング」「市場の視点」を一貫して習得し、企業の仕組み、活動全体を習得できるものとしている。

 現在の教育で一番大切なことは「最後まできちんとやり遂げる」ということを提供できるような社会人、ビジネスリーダーとしての育成の仕組みが必要な時代になるという指摘は重要といえよう。
 
 従来の「ケースメソッド型の教育方法」では、メンバーの持つ「固有の知識やスキル」、または「コミュニケーション力のアップ」や「参加者の多様なものの見方を知るため」などの研修であれば、それはそれで有効とはいえる。
 また、紙に書かれた記録として成功したケーススタディとしてある種の共通の因子を見つけるために行う問題解決手法のデータ化のためなどであればこれも有効といえよう。しかしながら、マネジメントの実践教育となれば実務の場で役立つものは少ないといえるだろう。

 一方、「ケースメソッド型の教育方法」ではマーケティングの実践研修の場においても、現実のニーズにあった商品を作るということもできない。たとえば、大学では、教員は「教育」よりも自分の「研究」を重視する傾向があると指摘されている。このような状況では、いくら効果あるプログラムをつくっても意味がない。どうすれば大学にもそれが活用してもらえるかを考える必要がある。

 ある意味では机上の中で商品化することや戦略を立案することは簡単である。つまり、机上で立案するのならどのような戦略でも示すことができるが、現実にはそれができない要件が多くあり、それを実行に移すことはできないということこそが、その「企業の課題」となる。 
 戦略の実行を研修から切り離せば、机上では都合がよいことも多くある。しかしながら、実際、思考と行動とは双方向でのフィードバックが欠かせないのである。
 はじめから完璧な戦略などはないといえよう。したがって、戦略とは実行を行い進化して行くものである。当然のことだが、戦略家は現実から遊離してはならない。自分が戦略を立てる対象に対してその領域を把握し、その状況において調整するということが最も大切である。
  ケースメソッドには、それが実施された「直接の状況を描いたケース」であったとしても、その状況やそのことに実際立ち会った経験が、当事者間にとっては直接経験したものであるにしても、結果として文章に書かれたケース教材において、あらゆる議論は実行するべき直接の経験とはならないという指摘がなされているが、これは現在、より大きなものとなっている。

マネジメントにおける次世代リーダーの育成
 マネジメントにおける人材を育成するためには企業の経営ビジョン、経営計画、事業戦略、マーケティング戦略全体が明示化されたテキストが必要である。そのようなテキストは企業にも大学にもなく、MBAは机上の理論が中心となっている。「学ぶプロセス」だけの習得は、経営現場では活用しにくいきらいがある。
  その意味でも
「社会人基礎力」を身につけるためには、従来のケースメソッドのような方法で教えるのではなく、どうしたらその能力が身につくのかといった「学ぶプロセス」「課題と解決を導き出す」ことから「企業全体」と「市場の視点」から「課題の抽出」「解決策の優先順位付け」「実践方法の策定」までを行うことのできる教育現場へのシフトがより重要となっている.
 つまり、企業としては成果を出す必要があるため、単に「やってみる」ではなく「最後まできちんとやり遂げる」姿勢が重要である。そのため、従来のケースメソッドの方法では有効とはいえないだろう。
 
 また、「基礎学力」、「社会人基礎力」、「専門知識」について、成長過程によるウエイト付け
については、そのための基礎的知識(基礎力)を身につけることが必要となる。
 「基礎的知識の習得」では、JSRAではテキストを提供している。このテキストの中には解説を必要とする専門用語もあるため、テキスト中の重要な用語に対して解説を施した用語集の開発も、学生がテキストの理解を深める上で重要であると考え、それらの解説集も提供している。
 ただし、実務経験がない学生にとっては、ビジネス対応の場面での状況を具体的にイメージすることができず、単なるビジネス用語の暗記に止まることのことのないように配慮する必要がある。

 また、必要とされる基本的知識やスキルの面においても段階的にステップアップする育成プログラムの履修と、その後の実践型スキルアップ研修を通したカリキュラムを構築し提供している。

 さらに、、経済産業省認可のJSRセールスレップ協同組合がこれまで展開してきた数々の事業、実績をもとに「実践的にコンサルタントとチーム・プロジェクトの専門家の経験に基づいて推進したプロジェクト(※注)」を集大成して開発した教材・カリキュラム編成によって、実践的な教育の実現に務めている。    
 たとえば、新製品開発などが失敗してしまう直接的な原因は、開発チームに帰結している場合がほとんどだからである。したがって、最初のステップとしては、新製品や新サービスの開発を担当するチームの組織編成や管理手法を見直す必要があることを教えることなどにも配慮している。課題設定力、プレゼンテーション力、IT技術の習得なども、これまで行ってきた公的職業訓練校「販売コーディネート人材育成教育プログラムの開発」 「事業戦略・商品戦略・販売戦略に対するカリキュラムの開発」などをベースに多彩に引用しながら これまでの公的機関での研修実績と実践に即した、これらのノウハウを生かし、ビジネス現場から生まれる課題を解決を図っている。
※注:「チーム・プロジェクトの専門家の経験に基づいて推進したプロジェクトについて」

これまでの実績
2008年度専修学校教育重点支援プラン「教育プログラムの開発」  
 専修学校教育重点支援プラン「教育プログラムの開発」においての教科内容は、「ビジネス基礎分野の習熟度を高めるという位置づけ」としてカリキュラムを開発いたしました。 
 社会教育の一端として、ビジネス教育を基本にマーケティング、製造、販売、販売促進に関わる知識を習得することを重点に置き、学校教育用に開発されたカリキュラムとなっています。

「マネジメントマーケティング戦略会議教育プログラムの開発」 
ケーススタディとは事例研究とも呼ばれ、事例を素材に分析し、原理、原則を発見する研究手法す。一方、ケースメソッドとは事例分析にとどまらず、ケースのビジネス上の課題に対して各自が戦略を立てた後にディスカッションを行うことで意思決定に必要な「思考プロセスを体得」させていく学習方法といえます。問題解決策を自由に発言し、その解決策の決定はしないところにその特徴があります。米国のMBAなどの「研究型学習」手法に取り入れられています。   
 しかし、「マネジメントマーケティング戦略会議教育プログラム」は研究としてではなく、実践に裏付けられたプログラムを提供するものです。「問題解決」と「問題思考能力のプロセス」を学ぶばかりでなく、「問題抽出」と「問題解決の決定」、及び「実践方法の策定」を重んじています。  

公的職業訓練校「販売コーディネート人材育成教育プログラムの開発」  
公的職業訓練校において、販売の知識、技能を習得し、同時にIT活用技術を身につけ、転職、就業に向けた販売の実務・分析、企画能力の基礎を習得するための人材育成教育プログラムを策定し実施しました。

公的職業訓練校「シルバー人材のための事業戦略・商品戦略・販売戦略に対するアドバイザー育成プログラムの開発」  
公的職業訓練校において、転職、就業者向けの人材を育成プログラムを開発しました。メーカー、販売先への事業
戦略・商品戦略・販売戦略に対するアドバイザーとして、顧客の状況にあった用途開発を行い、また商材の効果的変更を提案し、提供することの出来る人材育成教育プログラムを策定し実施しました。

社会人基礎力の能力開発のためのプログラム」  
1.前に踏み出す力の強化
 実社会の仕事において、答えは一つに決まっておらず、試行錯誤しながら、失敗を恐れず、自ら、一歩前に踏み出す行動が求められる。失敗しても、他者と協力しながら、粘り強く取り組むことが求められる(経済産業省資料から)。

1)
人間関係、価値観プログラム
 従来、「ヒューマンスキル」と職業人としての「テクニカルスキル」しか語られてこなかったが、「社会人基礎力」は両者の間をつなぐ部分が重要である。主体性、働きかけ力、実行力についての能力評価を行うのみならず、それらの能力を開発するプログラムが必要である。親兄弟・友達など身近なところからの関係性について、普段人脈を意識することが少ない学生の目線に合わせる。 
 SNS(Mixi etc.)の普及などの社会環境の変化に伴い、学生の人との関係性や価値観も変化してきている。そうした個人の人間関係や価値観そのものを阻害しないよう配慮する。
2)インベントリーシステム自己認識プログラム
 ビジネスをしていく上で「信頼できる人脈を持つ」ということは大切である 。ビジネスマンとして、キャリアを重ねていくと、極めて多くの人々と関わりを持つ。人脈論であるインベントリーシステムについての基礎理論を理解し、自己認識するプログラム。リエゾンキーワードとプロパティキーワードに従って整理させ、どのような関係にあるかについて理解させる。
3)実践プログラム
 「問題解決」と「問題思考能力のプロセス」を学ぶばかりでなく、「問題抽出」とその企業の体力内で行える「問題解決策の優先順位の決定」、さらに「実践方法の策定」を重んじている。実践的な企業の課題抽出、解決開発するプログラム。
4)研修を受ける前と受けた後の能力自己評価

2.考え抜く力の強化
 
「考え抜く力」(シンキング)」〜疑問を持ち、考え抜く力〜 ・物事を改善していくためには、常に問題意識を持ち課題を発見することが求められる。その上で、その課題を解決するための方法やプロセスについて十分に納得いくまで考え抜くことが必要である(経済産業省資料から)。
 企業の事業化は一般に大きく分けて「市場ニーズ把握」「製品コンセプト」「研究開発」「プロトタイプ(試作品)」「生産(量産)」「流通・販売」「メンテナンス・アフターフォロー」「市場評価」のプロセスを経て成立するものであり、企業支援においても、各プロセスで企業が不足する部分を補完する一貫した事業化支援を行う視点が大切である。日本セールスレップ協会はわが国の「助成金評価委員」、地方公共団体、公的支援機関等における「製品評価委員」として活動する実績を持っており、その公益性と信頼性が認められている。

1)課題発見力、計画力、創造力開発プログラム 
 実現したいことを実現するために考え抜くプログラムとして課題発見力、計画力、創造力などについての能力評価を行うのみならず、それらの能力を開発するプログラム。
2)意思の力で考えるマーケティングプログラム
 マーケティングの概念が理解できるよう解説しながら、3C分析、マーケテイングの4Pなどにおける各要素の内容を具体的な事例と対応付けることにより、マーケテイングについての全体像の理解を深めさせる。
 学生にとって身近でイメージしやすい商品を製造販売する会社の事例等を採用。事例には3C分析、4P各要素について十分な情報が盛り込まれている。
3)コミュニケーションスキル・プレゼンテーション・スキルアッププログラム
上記に必要となるコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルなどのスキルアップにもつながるプログラムにより一層の学習効果が得られる。
4)研修を受ける前と受けた後の能力自己評価

3.チームで働く力の強化
 
多様な人とともに、目標に向けて協力する力〜 ・職場や地域社会等では、仕事の専門化や細分化が進展しており、個人として、また組織としての付加価値を創り出すためには、多様な人との協働が求められる。自分の意見を的確に伝え、意見や立場の異なるメンバーも尊重した上で、目標に向けともに協力することが必要である実社会の仕事において、答えは一つに決まっておらず、試行錯誤しながら、失敗を恐れず、自ら、一歩前に踏み出す行動が求められる。失敗しても、他者と協力しながら、粘り強く取り組むことが求められる(経済産業省資料から)。
 企業にとって、技術力のみではなく、事業効率性の向上による経営基盤強化は早急に解決すべき課題であり、さらには事業ごとのPLの早期黒字化が望まれている。そのため、協会では地域産業活性化プロジェクトにおける新事業の技術開発から市場化までの一貫支援要素の一つとして、産業クラスターの創成を促進させるものとして、実践的「公的販路コーディネート事業」を展開している。

1)実戦的戦略構築プログラム
 企業が必要とする実際の経営・管理はどのようなものであるかを知ってもらうプログラム・MBAの理論などの机上での活用の学習ではなく、環境変化や新技術・市場開発などに柔軟に対応していく戦略構築の手法を学習するプログラム
2) 「実践的演習」によるイノベーション力の強化
1)イノベーション力の源泉を知るプログラム
 経営計画における手順は企業の置かれた状況により、必ずしも同様ではないが、企業環境を背景として考えれば経営計画は、市場調査→商品計画→販売計画→生産計画→設備計画→資金計画→利益計画→組織計画→人員計画→教育計画の手順で行なわれる。
 イノベーション力の源泉としての、マネジメント戦略とマーケテイングの展開方法の全体像を理解させる。分析的アプローチに止まらず、課題における創造的アプローチを行わせることにより、イノベーション実現について深く考えさせる。ただし、本プログラムは「マネジメント」「ものつくり」「マーケティング」「市場の視点」を一貫して習得し、企業の仕組みを十分理解させた上で行わなくてはならない。実務経験がない学生にとっては、ビジネス対応の場面での状況を具体的にイメージすることができず、理解するのが難しいということに配慮する必要があることが極めて重要である。
3)顧客志向・スピード経営
 ・利益を出す顧客志向経営プログラム
 マネジメントマーケティングにおける創造力、新しい発想・アイデア、独創性、価値創造状況対応能力に対応し、顧客を獲得し、それを利益に結びつけることができるかを学習するプログラム
 ・スピード経営により利益を出すプログラム 
 利益を出し続けるためには、なぜスピード経営でなければならないかを学習するプログラム
4)環境対応・CSRプログラム
 ・企業ではCSR(企業の社会的責任)の意識が非常に高まってきている。環境対応とともに学習するプログラム
5)研修を受ける前と受けた後の能力自己評価

以上が骨子となっている。

※協会の活動について 
 日本セールスレップ協会においては、必要な専門的知織、マネジメント、マーケティング及びコミュニケーションなどの基礎教育を修得させると共に、自発的な社会人として必要な本分野における知識とスキルを高めることをその教育方針としています。
学校教育にあたっては学校教育機関と連携し、ビジネスの基礎における広く深い理解と専門力を養い、その知識を高めると共に、公益性を基本に普及啓蒙活動に努めることをその活動方針としています。
 
学校機関のカリキュラム授業実現にあたっては、日本セールスレップ協会との連携を深めてまいることができれば幸いです。

●プログラム研修、短期研修、セミナー等のご依頼の受付は、メールにてお願い申し上げます。
   お気軽に、ご連絡ください。

お問合せ:日本セールスレップ協会本部  東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階
メールアドレス: info@jrep.jp 
電話TEL 03-5948‐6581(代表)
 


日本セールスレップ協会の資格認定活動について

販路コーディネータ 

  販路コーディネータがプロフェッショナルとしての幅広い知識やスキルを培っていくためには、社会における実践での豊富な経験も必要となってくるため、直ぐにセールスレップを目標とするよりは、段階的にセールスパーソン(従来の営業マンとは異なる)のスキルと知識を獲得し、仕事や学習に生かすというケースが現在では一般的になっている。 
  このような観点から、人材像の職種としてはセールスパーソン、セールスレップ職のみならず広い意味での製造業、小売・卸業、商社などの製品開発、営業開発、販売企画などにかかわる事業従事者全般を想定している。  
 日本セールスレップ協会では基本的に必要とされる知識やスキルの面においても、さらに『販売コーディネータのプロ』育成のためには段階的にステップアップする育成プログラムの履修と、その後の実践型スキルアップ研修を通して、「MM戦略会議実践研修」、「戦略会議リーダー研修」、「スキルフォローアップ研修」、「協会認定講師研修」などのカリキュラムを提供している。実際のコンサルティングにおいては、中小企業の場合には特に多方面からのアドバイスが必要とされるため、各自の専門領域を広げておくことも重要になってくる。
 

セールスレップ  
 専門領域の棲み分けでは販売士は流通・小売業界に特化した育成プログラムであり、セールス レップは「製造業・IT・サービスなどのメーカーと直結した販売のプロ」育成ということができる。 
 セールスレップの資格認定試験については、現在では勉強等の自己啓発、スキルアップを図ること を目的としている人も多数いることから、セールスレップにおいてもセールスパーソンのプ ロを目指すという理由だけでなく、自己のスキルアップを図る目的で資格を取得しようとする人が増えている。これらを参考に学校教育におけるセールスレップ、セールスパーソンを育成する教育プログラムの意義・位置付けや目標とする人材像を明確化する。そして、そうした人材像を達成するために必要な取得知識・スキル等を整理、分析することにより、学校教育に適応した教育プログラム開発を行っている。  

(1)セールスレップ育成のためのプログラムについて 
 セールスレップは、メーカーと販売先を結ぶ橋渡し役としての販売活動を行うが、ただ単に販売するだけでなく、メーカー、販売先双方の販売戦略について専門的知識に従いアドバイスできることが重要である。また、販売先への提案・取引交渉に当たって得られた商材の改良・改善の知見を基にメーカーへフィードバックすることにより販売先の要望に合わせた商材の最適化も行う。
 こうした一連の活動に必要な幅広い知識やスキルは、商品が最終的に行き渡る消費者を意識した営業のプロフェッショナルに求められる要件であり、見方をかえれば、セールスレップはセールスパーソンのプロフェッショナルの異なった一つの形態ということもできる。
 また、プロフェッショナルとしての幅広い知識やスキルを培っていくためには、社会における実践での豊富な営業経験も必要となってくるため、直ぐにセールスレップを目標とするよりは、段階的にメーカーなどでのセールスパーソンの実践を経験した後、セールスレップを目指すというケースが一般的ではないかと考えられる。  
 このような観点から、目標とする人材像の職種としては、セールスレップのみならず広い意味でのセールスパーソン全般を想定することが望ましいと考えている(決して協会は独立事業者になることのみを推奨するものではない)。
 次に目標とするレベルであるが、セールスレップはセールスパーソンのプロフェッショナルであり、その全体の活動にはセールスパーソンのプロフェッショナルとしての知識やスキルがエッセンスとして集約されている。
 一般的に専門学校のビジネス系学科では、営業知識、マーケテイング、ビジネス話法、プレゼンテーション技術などセールスパーソンに必要な知識・スキルの要素としての科目は準備されている。しかしながら、セールスパーソンの一連の活動を僻轍的に見据え、そこで必要となる知識やスキルなどを全体的に捉えた包括的な教育プログラムの例は少ない。  
 本セールスレップ教育プログラムでは、そうした点に焦点をあて、「セールスレップの一連の活動を素材とし、セールスレップを含む広い意味での営業に全般的に必要とされる基礎知識や基盤的なスキルを理解し習得する」ことをレベルの目標とする。ここで設定したレベルは、セールスレップ資格認定3級に相当するため、取得資格としては、セールスレップ3級の取得を目指すものとする。

(2)教育プログラムの策定  
本教育プログラムは、カリキュラムの策定とセールスレップに関するコア教材の開発からなる。
 (1)において設定した人材像を基に教育プログラムについての検討を行った。  
 目標レベルとして、セールスレップ3級に相当するレベルを設定するため、その基軸となる教材として日本セールスレップ協会が発行するセールスレップ3級テキストを参照している。  
 セールスレップ3級テキストでは、セールスレップの役割や一連の活動に沿って、必要な知識やスキルの大要を説明している。  
 その中には、セールスパーソンの実践的な内容も含まれているため、セールスパーソンの実務経験がないと考えられる学生にとっては、そうしたセールスパーソン対応の場面での状況を具体的にイメージすることができず、理解するのが難しいのではないかと考えられる。  
 このような問題を解決するために、3級テキスト中の重要と考えられるテーマに対しては、セールスレップの活動の事例に基づいたケーススタディ演習を補足的に付加する構成を行っている。   
 そうすることでさまざまな事例を通してセールスパーソンやセールスレップの実際の活動現場の状況や考え方を具体的に把握することができ、より現実感をもった効果的な学習が可能になると考えられるからである。

 以上の観点から、3級資格においてはコアとなる教材としてさまざまな事例に基づいたケーススタディ演習集を開発した。
 ケーススタディ演習においては、ロールプレイによる参加型の演習やグループ学習なども効果的に取り入れるように工夫し、セールスパーソンやセールスレップに必要となるコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルなどのスキルアップにもつながりより一層の学習効果が得られると考えられる。セールスレップ3級テキストの中には、解説を必要とする専門用語が見受けられるため、3級テキスト中の重要な用語に対して解説を施した用語集の開発もテキストの理解を深める上で、重要であると考えている。 
 さらに、企業研修用の専門カリキュラムを提供している。
 指導要領には、その辺の扱いも記載されているため、運用の際には、配慮が必要な部分もある。


関連ページ
学校教育:社会人基礎力研修プログラム委員会 教育カリキュラム