営業プロ人材育成教育研修と認定試験・日本セールスレップ協会
メールマガジン新規登録・バックナンバー

TOP
サイトガイド
新着情報
セールスレップ資格
資格登録者の方へ
全日程カレンダー
セールスレップ概要
日本セールスレップ協会の活動
セールスレップとは
セールスレップの発展
セールスレップ研修の歴史
人材育成の取り組み
企業内人材育成
企業内人材育成の取り組み

公的機関での支援活動
公的機関での人材育成活動

学校教育での取り組み
学校教育用プログラム
企業支援の取り組み
行政機関・産業支援団体の方へ
公的支援機関と連携した取組み

メーカーの方へ
販路開拓支援のご相談はこちら
広報
プレス最新情報
メールマガジン
協会の活動
協会概要
ご挨拶
活動内容
活動と沿革
組織体制
交通アクセス
プライバシーについて
セールスレップ・販路コーディネータ・マネジメントマーケティングコーディネーターのための
「プロトタイプ(試作品)取扱い統一基準について」


 本事業は、本協会がこれまで行ってきたセールスレップ発展の歴史を鑑み、将来のビジョンを作成すると共に、事業の事例や取引データ等をもとにプロトタイプ(試作品)にかかわる事項を調査・研究し基準書にまとめたものである。 

 研究開発段階からプロトタイプ、完成品化までの工程には、一定の育成期間が必要である。  
また、プロトタイプから製品完成化(前文との記述統一)までには多くの課題がある。
 たとえば、工業製品のケースで多いのは本来の製品差別化・特徴としているものが実現性のある製品として発揮されていない、プロトタイプ完成までに、メンテナンス・サービスなどの対応が考えられていないなどの課題が多くある。
 商業製品では、製品差別化・特徴のコンセプトはできていても、工業製品同様、プロトタイプの製造前に行わなくてはならない商品デザインやパッケージングが市場把握されていない、物流が対応していないなど多くの問題がある。
 したがって、商品を製造するためのこの一貫したあり方には、それぞれのマーケッティング活動としての市場調査などが重要になってくる。

 これは、全国共通のプロトタイプ(試作品)の取り扱い条件でセールスレップが契約を結ぶことができるよう「プロトタイプ(試作品)取扱い統一基準」を作成した。

 協会の研修制度の中で重要な位置づけとして教育研修の場で活用されています。
 本事業は経済産業省の外郭団体である全国中央会の平成19年度 「中小企業組合等活路開拓事業」採択事業として作成しました。

活動指針
セールスレップ・販路コーディネータ活動事業基本方針
(1)事業は、資格登録者全員が得手とする事業ばかりとは限りません。資格登録者構成メンバー は中小企業や大企業、外資系企業等、コンサルタント等、多様な企業の出身者であり、 業種も製造業、卸売業、小売業、市場調査会社、商品開発・企画会社など千差万別、 人材こそが、セールスレップ・販路コーディネータ団体の財産です。  
各資格登録者の経験や視点の違いから湧き出る意見や自由な発想から新たなビジネスやサービス体制を創造してゆきます。全国ネットワークを有効活用し、プロジェクトを組むなど、販路開拓の新しい取り組みにチャレンジしてゆきます。

(2) 資格登録者の成果と収入
同時に協働事業体としての成果と事業運営も肝要です。資格登録者の得意分野における販売額増加により、資格登録者としての収入を安定的に確保、増加させると共に資格登録者の拡充に努めます。

(3) 資格登録者の信頼獲得
実績、信用、知名度を高め、資格登録者の販売先からも社会からも広く、認知、信頼が得られるように事業推進しなければなりません。 販売先からも、製造メーカーからも共感の得られるビジネス展開であることが、資格登録者個人や関係企業、取り巻く多くの人々にまで拡がり、社会の活性化へと繋がります。

(4) 取り扱い商品の発掘
地域にある技術力ある製品を発掘し、その商品自体の持つ力(商品力)を最大限に発揮するため、取り扱い商品の目利き力を養い、商材の販売支援を強化、拡充します。

今後も支援機関との連携により、どのような商材も扱えるよう、全国の有力なセールスレップ・販路コーディネータ(企業、個人、団体)とのネットワークにより展開体制を図る、こうした団体の支援を確立させる必要があると考えます。
また、役立つ「使える資格」を目指します。  
JSRA日本セールスレップ協会は、経済産業省認可のセールスレップ・販路コーディネータ協同組合と連携、協会が推薦するセールスレップ・販路コーディネータ関連企業のネットワークグループとして、公益性の高い組織として推進展開を図ります。合わせて、全国商材取扱い統一基準書に基づき、セールスレップと販路コーディネータの健全な育成支援に取り組んでおります。