本部事務局:東京都北区赤羽西4−4−2 倉上ビル1階info@jrep.jp
メールマガジン新規登録・バックナンバー

TOP
サイトガイド
新着情報
セールスレップ資格
販路コーディネータ資格
MC資格
資格登録者の方へ
全日程カレンダー

日本セールスレップ協会の体系用語

日本セールスレップ協会の用語を解説しています。

 日本セールスレップ協会の体系用語・関連用語

 マネジメントマーケティング会議 MMC:Management Marketing strategies Conferenceの略。
 
マネジメントマーケティングとは

  『新たなマネジメントを生み出すマーケティング』といわれる理論。公的研究委員会などの研究課題における実践から体系化し、小塩稲之が提唱した。 マネジメントマーケティングとは、「経営ビジョン、経営計画を含むあらゆる事業活動においてマーケティングは常に先行し、新たなマネジメントを生み出し、事業を創出することである」。マネジメントマーケティングは実行し、市場に適応することのできる実践の理論といわれている。

 さらに、既存の事業体(経営)活動においての「マネジメントマーケティング」は、川下から川上を見つめ、経営全体、経営の根幹までを含めて構築するという概念を含むものである。現在は、企業活動の全体、事業活動の全体を計るものさしとして位置づけられている。

 つまり、マネジメントマーケティングは、既存の「事業体(経営)」がこの理論を活用するということだけでなく、マネジメントマーケティングの考え方を用い、これを契機として「新たなマネジメントを創出」するという概念を持つものである。市場の視点で、今どのような組織、事業を創出すべきか、市場のニーズ、ウォンツからマーケティングを捉え、マネジメントを創造するということである。

   小塩稲之はこのようにも述べている。 マネジメントのすべては「取り巻く環境に対応できるかどうか」 分野や業界によって、その時間差が長いか短いかということでもある。〔小塩 稲之 日刊工業新聞社説  掲載記事〕

 マネジメントマーケティング会議(MMC)とは
 「経営ビジョン、経営計画において常にマーケティングが先行する」という考え方を基本として行う戦略会議を言う。

 〔日刊工業新聞社説 10/1 掲載記事〕
 マネジメントマーケティングの考え方では、特に戦略会議においては、メンバーの多用性が極めて重要なポイントになる。なぜならば、画一的な背景を持つメンバー構成では、課題の気付きや、新たな発想のコラボレーションによるイノベーションが起こり得ないからである。マネジメントマーケティングでは、激動するマーケットを全社的に敏感に察知し、即応することが求められる。会議メンバーひとりひとりがマーケッターとしての視点を持ち、アンテナを張り巡らせ、会議にフィードバックする姿勢が重要になる。
 マネージメントマーケティングの将来を考察すると、大企業においてマネージメントマーケティング戦略は経営者の責任だが、企業が採用したエキスパート(もしくはコンサルタント)などへ変わりつつある。 中小企業においてもエキスパート(もしくはコンサルタント)などにアウトソーシングする時代になるだろう。

2.マネジメントマーケティングプログラム 【MMP】研修
 (Management Marketing  Program)

 日本セールスレップ協会のMMPは、経済産業省認可のセールスレップ協同組合が行う[マネジメントマーケティング会議](MMC)の事業活動を基本に育成研修として体系化したプログラムのことです。MMPの基本スタンスは、実践のスキルと知識を高めることが目的です。 
 実践研修は、これを研修の場として活用し、「商品、販売、販売促進、技術」における基礎知識の上に立ち、「人材育成」を軸に体系化した実践的な「戦略型研修」である。 日本セールスレップ協会の育成の場として、企業研修の場として活用できるプログラムの手引書としている。
 MMPは、現在「新規事業戦略コース」「新製品開発コース」「販売チャネル調査コース」「販路開拓コース」「販売促進コース」などにおける事業化支援領域で構成されています。各コースでは「プロジェクト案件」をチームごとに問題解決を図りながら、戦略策定をおこないます。

MMPの基本スタンス  
 MMPに参加するメンバーは「市場の視点から社会に変革をもたらす実践的かつ実務的なビジネスリーダーとなる専門家」を輩出することを目指しています。  
 この目標を達成するため、このプログラムは既存の教育方法や考え方にとらわれることなく作り上げたものです。従来の「ケーススタディ」や「ケースメソッド」ではなく、多くの方から「超ケースメソッド」といわれるように、実践に裏付けられたマネジメントマーケティングのテーマを基本スタンスとしています。   
 ケーススタディとは事例研究とも呼ばれ、事例を素材に分析し、原理、原則を発見する研究手法です。 一方、ケースメソッドとは事例分析にとどまらず、ケースのビジネス上の課題に対して各自が戦略を立てた後にディスカッションを行うことで意思決定に必要な「思考プロセスを体得」させていく学習方法です。問題解決策を自由に発言し、その解決策の決定はしないところにその特徴があります。米国のMBAなどの「研究型学習」手法に取り入れられています。

 しかし、日本セールスレップ協会のMMSPは研究としてではなく、実践に裏付けられたプログラムを提供するものです。「問題解決」と「問題思考能力のプロセス」を学ぶばかりでなく、「問題抽出」と「問題解決の決定」、及び「実践方法の策定」を重んじています。

@「商品、販売、販促、技術」  
 「商品、販売、販促、技術」の基礎知識の上に立ち、「人材育成」を軸に体系化した経営戦略、ビジネスプラン、研究開発、販路開拓、商品開発等の事業化支援におけるコーディネータ、アドバイザー、上級セールスレップのビジネスリーダーを育成する実践としての場が「MMSP」です。

A実践そのものであること  
 MMCを研修プログラム化したものが「MMP」であり、従来あるケースメソッドとは異なり、今現在、問題解決を図らなければならない課題を解決することが、MMPの本質です。

B研修の場においても具体的な効用を追求する  
 MMPを行う場合は、参加者がその能力を高めるということが目的ですが、企業側においては、具体的な効用、明日から実務に活かせる内容を求めているということをきちんと認識せねばなりません。実際の企業研修等に活用する場合でも「思考のプロセスを学ぶ」「研究する」ということだけでは解決しない問題を明らかにしなければ研修の意味はありません。課題からその解決策を選択し、決定することこそが「戦略」であるといわれているゆえんです。

(6)MMP統括リーダー、チームリーダー育成 
 統括リーダー、チームリーダー(統括リーダーは研修全体を統括する者、チームリーダーは個別チームの進行役)を育成します。 リーダーは「MMPリーダー養成研修」のカリキュラムで養成されます。 チームリーダー研修の経験を積み、ある程度のレベルになると講師として、更にワンランク上の統括リーダーの活動が要求されます。チームのマネジメント研修、企業内研修へとその取り組みが今後、拡大することが期待されます。

関連情報
用語集